04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-11-29 (Thu)
医者の不養生
(いしゃのふようじょう)

【意味】
口では立派なことを説いているが、
実行が伴わないことのたとえ。

【解説】
医者は患者に養生の大切さを説くものだが、
案外と自分自身は注意していないことから。
風来千人(平賀源内)の『風流志道軒伝』には
「医者の不養生、坊主の不信心」とある。

【出典】
風流志道軒伝
【類義語】
医者の若死に出家の地獄 / 易者身の上知らず / 学生の不身持ち
/ 駕籠舁き駕籠に乗らず / 鍛冶屋の竹火箸 / 紙漉きの手鼻
/ 髪結い髪結わず / 髪結いの乱れ髪 / 紺屋の白袴 / 左官の荒壁
/ 算術者の不身代 / 儒者の不身持ち / 大工の掘っ立て
/ 坊主の不信心 / 椀作りの欠け椀
【対義語】
【英訳】
Physician, heal yourself.

ことわざ『い』


ことわざ一覧「い」




.
スポンサーサイト
| ことわざ『い』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。