03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-15 (Wed)
■■ 「み」 ことわざ一覧 ■■

味方身びいき
(みかたみびいき)

身から出た錆
(みからでたさび)

御輿を上げる
(みこしをあげる)

見猿聞か猿言わ猿
(みざるきかざるいわざる)

短きものを端切る
(みじかきものをはしきる)

水到りて渠成る
(みずいたりてきょなる)

水清ければ月宿る
(みずきよければつきやどる)

水と油
(みずとあぶら)

水の泡
(みずのあわ)

水の流れと人の末
(みずのながれとひとのすえ)

水は方円の器に随う
(みずはほうえんのうつわにしたがう)

水を得た魚のよう
(みずをえたうおのよう)

味噌をつける
(みそをつける)

三日天下
(みっかてんか)

三日坊主
(みっかぼうず)

三つ子の魂百まで
(みつごのたましいひゃくまで)

見ぬが花
(みぬがはな)

耳を掩うて鐘を盗む
(みみをおおうてかねをぬすむ)







_
スポンサーサイト
| ことわざ『み』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。