09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-07-28 (Sat)
■■ 「は」 ことわざ一覧 ■■

背水の陣
(はいすいのじん)

杯中の蛇影
(はいちゅうのだえい)

這えば立て立てば歩めの親心
(はえばたてたてばあゆめのおやごころ)

羽織の紐で胸にある
(はおりのひもでむねにある)

馬鹿と鋏は使いよう
(ばかとはさみはつかいよう)

馬鹿な子ほど可愛い
(ばかなこほどかわいい)

刃金が棟へ回る
(はがねがむねへまわる)

馬鹿の一つ覚え
(ばかのひとつおぼえ)

掃き溜めに鶴
(はきだめにつる)

馬脚を露す
(ばきゃくをあらわす)

破鏡再び照らさず
(はきょうふたたびてらさず)

莫逆の友
(ばくぎゃくのとも)

拍車をかける
(はくしゃをかける)

伯仲の間
(はくちゅうのかん)

薄氷を履むが如し
(はくひょうをふむがごとし)

白璧の微瑕
(はくへきのびか)

化けの皮が剥がれる
(ばけのかわがはがれる)

箸にも棒にも掛からぬ
(はしにもぼうにもかからぬ)

始めあるものは必ず終わりあり
(はじめあるものはかならずおわりあり)

始め半分
(はじめはんぶん)

裸馬の捨て鞭
(はだかうまのすてむち)

這っても黒豆
(はってもくろまめ)

破竹の勢い
(はちくのいきおい)

話では腹が張らぬ
(はなしでははらがはらぬ)

花は桜木人は武士
(はなはさくらぎひとはぶし)

花より団子
(はなよりだんご)

早起きは三文の徳
(はやおきはさんもんのとく)

早舟も淀遅舟も淀
(はやぶねもよどおそぶねもよど)

腹も身の内
(はらもみのうち)

張子の虎
(はりこのとら)





_
スポンサーサイト
| ことわざ『は』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。