08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-02 (Sat)
■■ 「た」 ことわざ一覧 ■■

大隠は市に隠る
(たいいんはいちにかくる)

大恩は報ぜず
(たいおんはほうぜず)

大海は芥を択ばず
(たいかいはあくたをえらばず)

大海を手で塞ぐ
(たいかいをてでふさぐ)

対岸の火事
(たいがんのかじ)

大魚は小池に棲まず
(たいぎょはしょうちにすまず)

大巧は拙なるが若し
(たいこうはせつなるがごとし)

太鼓を打てば鉦が外れる
(たいこをうてばかねがはずれるす)

大根を正宗で切る
(だいこんをまさむねできる)

鯛なくば狗母魚
(たいなくばえそ)

鯛の尾より鰯の頭
(たいのおよりいわしのかしら)

大は小を兼ねる
(だいはしょうをかねる)

鯛も独りは旨からず
(たいもひとりはうまからず)

大欲は無欲に似たり
(たいよくはむよくににたり)

高みの見物
(たかみのけんぶつ)

宝の持ち腐れ
(たからのもちぐされ)

多芸は無芸
(たげいはむげい)

竹屋の火事
(たけやのかじ)

他山の石
(たざんのいし)

多勢に無勢
(たぜいにぶぜい)

畳の上の水練
(たたみのうえのすいれん)

立つ鳥跡を濁さず
(たつとりあとをにごさず)

立て板に水
(たていたにみず)

蓼食う虫も好き好き
(たでくうむしもすきずき)

棚から牡丹餅
(たなからぼたもち)

旅は道連れ世は情け
(たびはみちづれよはなさけ)

卵に目鼻
(たまごにめはな)









_
スポンサーサイト
| ことわざ『た』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。