03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-05-23 (Wed)
■■ 「し」 ことわざ一覧 ■■

仕上げが肝心
(しあげがかんじん)

塩辛を食おうとて水を飲む
(しおからをくおうとてみずをのむ)

四角な座敷を丸く掃く
(しかくなざしきをまるくはく)

歯牙にもかけない
(しがにもかけない)

屍に鞭打つ
(しかばねにむちうつ)

自家薬籠中の物
(じかやくろうちゅうのもの)

鹿を逐う者は山を見ず
(しかをおうものはやまをみず)

至言は耳に忤う
(しげんはみみにさからう)

地獄で仏
(じごくでほとけ)

地獄の沙汰も金次第
(じごくのさたもかねしだい)

獅子身中の虫
(しししんちゅうのむし)

事実は小説よりも奇なり
(じじつはしょうせつよりもきなり)

沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり
(しずむせあればうかぶせあり)

死せる孔明生ける仲達を走らす
(しせるこうめいいけるちゅうたつをはしらす)

士族の商法
(しぞくのしょうほう)

親しき仲に礼儀あり
(したしきなかにれいぎあり)

舌は禍の根
(したはわざわいのね)

七歩の才
(しちほのさい)

失敗は成功の基
(しっぱいはせいこうのもと)

死人に口なし
(しにんにくちなし)

死馬の骨を買う
(しばのほねをかう)

釈迦に説法
(しゃかにせっぽう)

蛇の道は蛇
(じゃのみちはへび)

重箱の隅を楊枝でほじる
(じゅうばこのすみをようじでほじる)

朱に交われば赤くなる
(しゅにまじわればあかくなる)

正直の頭に神宿る
(しょうじきのこうべにかみやどる)

上知と下愚とは移らず
(じょうちよかぐとはうつらず)

知らぬが仏
(しらぬがほとけ)

知らぬは亭主ばかりなり
(しらぬはていしゅばかりなり)

白羽の矢が立つ
(しらはのやがたつ)

尻馬に乗る
(しりうまにのる)







-
スポンサーサイト
| ことわざ『し』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。