09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-05-08 (Tue)
■■ 「く」 ことわざ一覧 ■■

苦あれば楽あり、楽あれば苦あり
(くあればらくあり、らくあればくあり)

食いつく犬は吠えつかぬ
(くいつくいぬはほえつかぬ)

愚公山を移す
(ぐこうやまをうつす)

腐っても鯛
(くさってもたい)

草を打って蛇を驚かす
(くさをうってへびをおどろかす )

孔子の倒れ
(くじのたおれ)

櫛の歯が欠けたよう
(くしのはがかけたよう)

楠の木分限梅の木分限
(くすのきぶんげんうめのきぶんげん)

薬も過ぐれば毒となる
(くすりもすぐればどくとなる)

癖ある馬に能あり
(くせあるうまにのうあり)

糞も味噌も一緒
(くそもみそもいっしょ)

管を巻く
(くだをまく)

管を以て天を窺う
(くだをもっててんをうかがう)

口裏を合わせる
(くちうらをあわせる)

口から先に生まれる
(くちからさきにうまれる)

口車に乗せる
(くちぐるまにのせる)

口では大坂の城も建つ
(くちではおおさかのしろもたつ)

口と財布は締めるが得
(くちとさいふはしめるがとく)

口に針あり
(くちにはりあり)

口にも筆にも尽くせない
(くちにもふでにもつくせない)

口の虎は身を破る
(くちのとらはみをやぶる)

口は口心は心
(くちはくちこころはこころ)

口は禍の門
(くちはわざわいのもん)

唇亡びて歯寒し
(くちびるほろびてはさむし)

口も八丁手も八丁
(くちもはっちょうてもはっちょう)

苦肉の策
(くにくのさく)

国破れて山河在り
(くにやぶれてさんがあり)

雲に梯
(くもにかけはし)

雲に汁
(くもにしる)

蜘蛛の子を散らす
(くものこをちらす)

雲は竜に従い風は虎に従う
(くもはりゅうにしたがいかぜはとらにしたがう)

暗がりから牛
(くらがりからうし)

苦しい時の神頼み
(くるしいときのかみだのみ)

君子危うきに近寄らず
(くんしあやうきにちかよらず)

君子は豹変す
(くんしはひょうへんす)

群盲象を評す
(ぐんもうぞうをひょうす)






-
スポンサーサイト
| ことわざ『く』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。