04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-04-25 (Wed)
■■ 「え」 ことわざ一覧 ■■

栄華あれば必ず憔悴あり
(えいがあればかならずしょうすいあり)

潁水に耳を洗う
(えいすいにみみをあらう)

得難きは時、会い難きは友
(えがたきはとき、あいがたきはとも)

益者三友、損者三友
(えきしゃさんゆう、そんしゃさんゆう)

易者身の上知らず
(えきしゃみのうえしらず)

えぐい渋いも味のうち
(えぐいしぶいもあじのうち)

枝を伐って根を枯らす
(えだをきってねをからす)

枝を矯めて花を散らす
(えだをためてはなをちらす)

越人は越に安んじ、楚人は楚に安んず
(えつじんはえつにやすんじ、そじんはそにやすんず)

得手に帆を揚げる
(えてにほをあげる)

得手に鼻つく
(えてにはなつく)

江戸っ子は五月の鯉の吹流し
(えどっこはさつきのこいのふきながし)

江戸の敵を長崎で討つ
(えどのかたきをながさきでうつ)

絵に描いた餅
(えにかいたもち)

海老で鯛を釣る
(えびでたいをつる)

栄耀の餅の皮
(えようのもちのかわ)

襟を正す
(えりをただす)

縁あれば千里を隔てても会い易し
(えんあればせんりをへだててもあいやすし)

鴛鴦の契り
(えんおうのちぎり)

猿猴月を取る
(えんこうつきをとる)

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや
(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)

遠水近火を救わず
(えんすいきんかをすくわず)

縁なき衆生は度し難し
(えんなきしゅじょうはどしがたし)

縁の切れ目は子で繋ぐ
(えんのきれめはこでつなぐ)

縁の下の筍
(えんのしたのたけのこ)

縁の下の力持ち
(えんのしたのちからもち)

縁は異なもの味なもの
(えんはいなものあじなもの)

遠慮なければ近憂あり
(えんりょなければきんゆうあり)

遠慮は無沙汰
(えんりょはぶさた)





-
スポンサーサイト
| ことわざ『え』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。