04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-04-23 (Mon)
■■ 「う」 ことわざ一覧 ■■

有為転変は世の習い
(ういてんぺんはよのならい)

初孫は子よりかわいい
(ういまごはこよりかわいい)

上には上がある
(うえにはうえがある)

魚心あれば水心
(うおごころあればみずごころ)

魚の釜中に遊ぶが如し
(うおのふちゅうにあそぶがごとし)

魚の水を得たよう
(うおのみずをえたよう)

魚の水を離れたよう
(うおのみずをはなれたよう)

魚の目に水見えず
(うおのめにみずみえず)

うかうか三十、きょろきょろ四十
(うかうかさんじゅう、きょろきょろしじゅう )

浮き沈み七度
(うきしずみななたび)

浮き沈みは世の習い
(うきしずみはよのならい)

鶯鳴かせたこともある
(うぐいすなかせたこともある)

有卦に入る
(うけにいる)

烏合の衆
(うごうのしゅう)

雨後の筍
(うごのたけのこ)

兎の上り坂
(うさぎののぼりざか)

兎の昼寝
(うさぎのひるね)

牛に経文
(うしにきょうもん)

牛に引かれて善光寺詣り
(うしにひかれてぜんこうじまいり)

牛の一散(うしのいっさん)

氏より育ち
(うじよりそだち)

後ろ髪を引かれる
(うしろがみをひかれる)

後ろ指を指される
(うしろゆびをさされる)

嘘から出た実
(うそからでたまこと)

嘘つきは泥棒の始まり
(うそつきはどろぼうのはじまり)

嘘も方便
(うそもほうべん)

打たぬ鐘は鳴らぬ
(うたぬかねはならぬ)

内広がりの外すぼまり
(うちひろがりのそとすぼまり)

独活の大木
(うどのたいぼく)

鵜の真似をする烏
(うのまねするからす)

馬の耳に念仏
(うまのみみにねんぶつ)

生まれた後の早め薬
(うまれたあとのはやめぐすり)

売り言葉に買い言葉
(うりことばにかいことば)

瓜の蔓に茄子はならぬ
(うりのつるになすびはならぬ)

漆剥げても生地は剥げぬ
(うるしはげてもきじははげぬ)

憂えあれば喜びあり
(うれえあればよろこびあり)

噂をすれば影がさす
(うわさをすればかげがさす)

雲泥の差
(うんでいのさ)






-
スポンサーサイト
| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。