06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-30 (Mon)
人間僅か五十年
(にんげんわずかごじゅうねん)

【意味】
人間が生きたとしても、その長さはわずか五十年である。
人生の短いことのたとえ。

【解説】
織田信長が好んだ言葉として知られる。
舞の本『敦盛』の「人間五十年下天の内を比ぶれば、
夢まぼろしの如くなり。
一度生を受け、滅せぬ者のあるべきか」より。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『に』




スポンサーサイト
| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。