08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-12-05 (Mon)
鹿を逐う者は山を見ず
(しかをおうものはやまをみず)

【意味】
一つのことに熱中すると、
他のことを顧みる余裕がなくなるということ。

【解説】

【出典】
淮南子
【類義語】
鹿を逐う者は兎を顧みず / 鹿を逐う猟師は山を見ず
/ 金を攫む者は人を見ず / 利は智を昏ます
【対義語】
【英訳】


ことわざ『し』




スポンサーサイト
| ことわざ『し』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。