08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-06-23 (Thu)
符節を合するが如し
(ふせつをがっするがごとし)

【意味】
割り符がぴったりと合うように、二つのものがぴったりと一致すること。
「符節を合わすが如し」とも言う。

【解説】
「符節」は、割り符のこと。
木・竹・紙などの札の中央に文字などを記し、
印を押して二つに割ったもの。
後日、その二つをあわせることで、契約や取引の証拠とした。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『ふ』


麗しのApple

スポンサーサイト
| ことわざ『ふ』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。