07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-05-27 (Fri)
湯の山の道連れ
(ゆのやまのみちづれ)

【意味】
まともな者がいないというたとえ。
また、だれもいないよりは誰かしら道連れが居た方が良いということ。

【解説】
昔は山の湯治場へ行く者がみな病人か老人ばかりで、
道連れになる者に屈強な者などいなかったことより。

【出典】
【類義語】
有馬の道連れ
【対義語】
【英訳】


ことわざ『ゆ』


ことわざBLOG

スポンサーサイト
| ことわざ『ゆ』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。