10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-11-07 (Sun)
渇すれども盗泉の水を飲まず
(かっすれどもとうせんのみずはのまず)

【意味】
いくら苦しく困っていても、不正、不義に汚れることを嫌い、身を慎むこと。

【解説】

【出典】
淮南子-説山訓」
【類義語】
鷹は死すとも穂を摘まず / 悪木盗泉 / 武士は食わねど高楊枝
【対義語】
【英訳】

ことわざ『か』


四字熟語・格言BLOG

スポンサーサイト
| ことわざ『か』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。