06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-23 (Thu)
独活の大木
(うどのたいぼく)

【意味】
図体ばかり大きいが、愚鈍で、ものの役に立たない者のこと。

【解説】
大きくなった独活は、食用にはならなくなり、
また茎は木のように長くなるが、
柔らかくて用材にもならないことから。

【出典】
【類義語】
大男総身に知恵が回りかね / 大きな大根辛くなし / 白豆腐の拍子木
/ 千人持ちの蒟蒻 / 長鞭馬腹に及ばず / 独活の大木蓮木刀
/ 独活の大木柱にならぬ / 大男の見かけ倒し / 臑脛の伸びた奴
【対義語】
山椒は小粒でぴりりと辛い
【英訳】

ことわざ『う』


四字熟語・格言を覚えよう

スポンサーサイト
| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。