FC2ブログ
12≪ 2020/01 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-09-06 (Sun)
■会稽の恥
(かいけいのはじ)

【意味】
敗戦の恥辱。他人から受けた耐え難いほどの辱めのこと。

【解説】
中国の春秋時代、越王勾践が呉王夫差と会稽山で戦って敗れ、
自らは夫差の臣下になるという屈辱的な条件によって和睦を結んだ。
後年、勾践は夫差を討って、恥をそそいだという故事から。

【出典】
史記

【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざBLOG
スポンサーサイト



| ことわざ『か』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する