05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-11 (Thu)
■隗より始めよ
(かいよりはじめよ)

【意味】
1.中国戦国時代の郭隗の言葉。
「賢者を招きたいならば、まず自分のようなつまらない者をも優遇せよ、
そうすればより優れた人材が次々と集まってくるであろう」という意味。

2.転じて、遠大な計画も、まず手近なところから着手せよということ。
また、物事はまず言い出した者からやり始めるべきだという意味でも使う。

【解説】
中国の戦国時代、燕の昭王が郭隗に、賢者を招く方法を相談したところ、
「まず自分のような優秀でない者を優遇してください。そうすれば、
もっと優れた賢者達が次々に集まってくるだろう」と言ったという故事から。
【出典】
戦国策
【類義語】
【対義語】
【英訳】



スポンサーサイト
| ことわざ『か』 | COM(0) | TB(2) |







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
隗より始めよ(かいよりはじめよ)
『隗より始めよ』 (かいよりはじめよ) 【ことわざ】 【意味】 遠大な事をするには、まず手近かなことから始めるのがよいということ。 ... …
2010/10/16 16:17  四字熟語・格言・ことわざブログ
『隗より始めよ』
『隗より始めよ』 (かいよりはじめよ) 遠大な事をするには、まず手近かなことから始めるのがよいということ。 また、事を始めるには、言い出した本人から始めよ、の意にも用いる。 ■出典:『戦国策』 ■類義語: ■対義語: ■英: 四字熟語・格言を覚えよう …
2012/04/21 22:42  ことわざBLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。