10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-16 (Sat)
■盗人にも三分の理
(ぬすびとにもさんぶのり)

【意味】
泥棒が盗みをするのにも、それなりの言い分がある。
どんなことにでも、もっともらしい理屈はつけられるということ。

【解説】
泥の中に生える蓮は、泥の濁りに汚されることなく美しい花を咲かせることから転じたことわざ。
【出典】
【類義語】
盗人にも三つの道理あり / 乞食にも三つの理屈 / 理屈と膏薬はどこへでも付く
【対義語】
【英訳】
Give the devil his due.



ことわざBLOG
スポンサーサイト
| ことわざ『ぬ』 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。