11≪ 2012/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-12-29 (Sat)
瑠璃も玻璃も照らせば光る
(るりもはりもてらせばひかる)

【意味】
優れた素質や才能を持つ者は、どこにいても目立つということ。
また、優れた者は、活躍の場を与えられれば真価を発揮するという例え。

【解説】
「瑠璃」は青色の美しい宝石。
「玻璃」は水晶のこと。

【出典】
【類義語】
紅は園生に植えても隠れなし
【対義語】
【英訳】


ことわざ『る』


ことわざ一覧「る」


.
スポンサーサイト
| ことわざ『る』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-27 (Thu)
利口の猿が手を焼く
(りこうのさるがてをやく)

【意味】
自分を利口者だと過信している者が、困難な仕事に手をつけたところ、
思いのほかの難しさに、途中でどうしたらよいのか取り扱いに困ってしまうこと。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『り』


ことわざ一覧「り」





.
| ことわざ『り』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-27 (Thu)
落花流水の情
(らっかりゅうすいのじょう)

【意味】
落花は流水に従って流れたい、流水は落花を浮かべて流れたい、
という気持ちがあるということから、男女が互いに慕い合う気持ちがあるということ。

【解説】

【出典】
【類義語】
魚心あれば水心 / 誘う水あればいなんとぞ思う
【対義語】
落花情あれども流水意なし
【英訳】


ことわざ『ら』


ことわざ一覧「ら」


四字熟語・格言・ことわざブログ

.
| ことわざ『ら』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-26 (Wed)
鰯の頭も信心から
(いわしのあたまもしんじんから)

【意味】
鰯の頭のように詰まらないものでも、
それを信仰する人には尊く思われるということから、
信仰心は不思議な力を持つものだということ。
また、頑迷に信じ込んでいる人を揶揄して言う。

【解説】
「鰯の頭」は、「いわしのかしら」とも読む。
節分の夜にヒイラギの枝にイワシの頭を刺して門口に置き、
悪鬼を追い払っていた風習からできた言葉。

【出典】
【類義語】
白紙も信心から / 竹箒も五百羅漢
【対義語】
【英訳】
Miracles are those who believe in them.


ことわざ『い』


ことわざ一覧「い」





.
| ことわざ『い』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-24 (Mon)
悪女の深情け
(あくじょのふかなさけ)

【意味】
器量の悪い女性ほど、情が深いということ。
また、ありがた迷惑のたとえ。

【解説】
「悪女」は 器量の悪い女性。

【出典】
【類義語】
悪女の真情
【対義語】
【英訳】
The plainer the woman, the fiercer the love.


ことわざ『あ』


ことわざ一覧「あ」


ことわざBLOG

.
| ことわざ『あ』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-23 (Sun)
■■ 「わ」 ことわざ一覧 ■■

我が頭の蠅を追え
(わがあたまのはえをおえ)

若い時の苦労は買うてもせよ
(わかいときのくろうはこうてもせよ)

若い時は二度無い
(わかいときはにどない)

我が上の星は見えぬ
(わがうえのほしはみえぬ)

我が面白の人泣かせ
(わがおもしろのひとなかせ)

我が刀で首切る
(わがかたなでくびきる)

若木に腰掛けな
(わかぎにこしかけな)

我が口に甘ければ人の口にも甘し
(わがくちにあまければひとのくちにもあまし)

若気の至り
(わかげのいたり)

我が心は秤の如し
(わがこころははかりのごとし)

我が子自慢は親の常
(わがこじまんはおやのつね)

我が事終わる
(わがことおわる)

我が身の事は人に問え
(わがみのことはひとにとえ)

沸きが早いはさめ易い
(わきがはやいはさめやすい)

禍いと飯とは今の間にできる
(わざわいとめしとはいまのまにできる)

渡りに舟
(わたりにふね)

渡る世間に鬼はなし
(わたるせけんにおにはなし)

笑う門には福来たる
(わらうかどにはふくきたる)






.
| ことわざ『わ』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-21 (Fri)
■■ 「ろ」 ことわざ一覧 ■■

老馬の智
(ろうばのち)

ローマは一日にして成らず
(ろーまはいちにちにしてならず)

六十の手習い
(ろくじゅうのてならい)

ろくでなしが人の陰口
(ろくでなしがひとのかげぐち)

露命を繋ぐ
(ろめいをつなぐ)

魯陽の戈
(ろようのほこ)

論に負けても実に勝て
(ろんにまけてもじつにかて)

論より証拠
(ろんよりしょうこ)





.
| ことわざ『ろ』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-17 (Mon)
■■ 「れ」 ことわざ一覧 ■■

例外のない規則はない
(れいがいのないきそくはない)

礼に始まり、乱に終わる
(れいにはじまり、らんにおわる)

礼も過ぎれば無礼になる
(れいもすぎればぶれいになる)

礼は急げ
(れいはいそげ)

歴史は繰り返す
(れきしはくりかえす)

烈風枯葉を掃う
(れっぷうこようをはらう)

連木で腹切る
(れんぎではらきる)



.
| ことわざ『れ』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-17 (Mon)
■■ 「る」 ことわざ一覧 ■■

類は友を呼ぶ
(るいはともをよぶ)

累卵の危うき
(るいらんのあやうき)

留守は火の用心
(るすはひのようじん)

瑠璃も玻璃も照らせば光る
(るりもはりもてらせばひかる)






.
| ことわざ『る』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-16 (Sun)
■■ 「り」 ことわざ一覧 ■■

理屈商人金儲けず
(りくつしょうにんかねもうけず)

利口の猿が手を焼く
(りこうのさるがてをやく)

利して利する勿れ
(りしてりするなかれ)

律義者の子沢山
(りちぎもののこだくさん)

理に負けて非に勝て
(りにまけてひにかて)

溜飲が下がる
(りゅういんがさがる)

竜虎相搏つ
(りゅうこあいうつ)

竜の鬚を撫で虎の尾を踏む
(りゅうのひげをなでとらのおをふむ)

両手に花
(りょうてにはな)

竜馬の躓き
(りゅうめのつまずき)

良薬口に苦し
(りょうやくくちににがし)



.
| ことわざ『り』 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。