09≪ 2011/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-10-31 (Mon)
病膏肓に入る
(やまいこうこうにいる)

【意味】
病気がひどくなり、治る見込みがないこと。
物事に熱中して抜け出せなくなるたとえ。

【解説】
「膏」も「肓」も、 からだの奥深いところで、
ここに病気が入ると治療しにくいところ。
中国、晋の景公が病気になったとき、
病魔が二人の子供になり膏と肓に逃げこんだので、
名医も治療できなかったという故事より。

【出典】
春秋左伝
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『や』


四字熟語・格言を覚えよう

スポンサーサイト
| ことわざ『や』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-30 (Sun)
魯陽の戈
(ろようのほこ)

【意味】
勢いの盛んなたとえ。また、衰えたものを盛り返すたとえ。

【解説】
中国、戦国時代に、楚の魯陽が、韓との戦いの最中に日が暮れてきたので、
戈を手に太陽を招き返したところ、太陽が少し逆戻りしたという故事から。

【出典】
淮南子
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『ろ』




| ことわざ『ろ』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-29 (Sat)
烈風枯葉を掃う
(れっぷうこようをはらう)

【意味】
激しい風が枯れ葉を吹き飛ばすように、
劣勢の敵を簡単に打ち負かすことのたとえ。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『れ』


ことわざBLOG

| ことわざ『れ』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-27 (Thu)
理屈商人金儲けず
(りくつしょうにんかねもうけず)

【意味】
理屈ばかり言う商人は、金儲けが下手だということ。

【解説】

【出典】
【類義語】
理屈上手の行い下手
【対義語】
【英訳】


ことわざ『り』


四字熟語日記

| ことわざ『り』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-26 (Wed)
楽は一日苦は一年
(らくはいちにちくはいちねん)

【意味】
楽しいことはすぐに終わってしまうのに、苦しいことは長く続くということ。
また、一日怠けると、その後長く苦労するということ。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】
Pleasant hours fly fast.


ことわざ『ら』


ことわざBLOG

| ことわざ『ら』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-25 (Tue)
世は情け
(よはなさけ)

【意味】
世渡りには、お互いに人情や思いやりの心を持って
助け合うのが必要であるということ。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『よ』


麗しのApple

| ことわざ『よ』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-24 (Mon)
鯖を読む
(さばをよむ)

【意味】
自分の都合のいいように、実際より多く言ったり
少なく言ったりして数をごまかす。

【解説】
鯖はいたみやすいので、急いで数えて売りさばいたという説。
魚市場などで鯖や鰯などを数えるのに早口で数えるが、
ちゃんと数えると数が違っていることが多いことからという説。
語源には諸説ある。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『さ』


四字熟語日記

| ことわざ『さ』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-20 (Thu)
礼に始まり、乱に終わる
(れいにはじまり、らんにおわる)

【意味】
礼儀正しく始まった宴会も、終わりの頃になると
乱れてしまうものだということ。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『れ』


四字熟語・格言を覚えよう

| ことわざ『れ』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-18 (Tue)
行き大名の帰り乞食
(ゆきだいみょうのかえりこじき)

【意味】
行きにはまるで大名のように贅沢な旅をするが、
帰りは金が足りなくなって、乞食のようにみじめな思いをすること。
最初に計画も無く金を使ったため、あとで困ることのたとえ。

【解説】

【出典】
【類義語】
上り大名下り乞食
【対義語】
【英訳】
To leave as a king and return as a begger.


ことわざ『ゆ』


セカンドライフ

| ことわざ『ゆ』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-17 (Mon)
男心と秋の空
(おとこごころとあきのそら)

【意味】
男の女に対する愛情が、飽きやすく変わりやすいことのたとえ。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『お』


ことわざBLOG

| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。