-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-02-28 (Mon)
頭の上の蠅も追えぬ
(あたまのうえのはえもおえぬ)

【意味】
自分一人の始末もできない者のことを指して言う。

【解説】

【出典】

【類義語】
己の頭の蠅を追え / 人の事より足下の豆を拾え
/ 人の蠅を追うより自分の頭の蠅を追え / 我が身の蠅を追え / 我が蜂払え
【対義語】
【英訳】


ことわざ『あ』


四字熟語・格言を覚えよう

スポンサーサイト
| ことわざ『あ』 | COM(0) | TB(1) |
2011-02-27 (Sun)
鵜の真似をする烏
(うのまねするからす)

【意味】
烏が、姿の似ている鵜の真似をして水に入り、溺れてしまうという意味から、
自分の能力、身の程を顧みないで人の真似をする者。
また、そのような真似をして失敗する者のこと。

【解説】

【出典】

【類義語】
鯉が踊れば泥鰌も踊る / 鵜のまねする烏は大水を飲む
/ 鵜のまねする烏水に溺れる / 鸚鵡の人まね / 人まねすれば過ちする
/ 烏が鵜の真似
【対義語】
【英訳】
The jay is unmeet for a fiddle.


ことわざ『う』


ことわざBLOG

| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(0) |
2011-02-26 (Sat)
孟母三遷の教え
(もうぼさんせんのおしえ)

【意味】
子供の教育には、環境が大切であるという教え。
「孟母の三居」ともいう。

【解説】
孟子の母は、はじめ墓地の近くに住んでいたが、
孟子が葬式の真似をして遊ぶので、市場の近くへ引っ越した。
ところが今度は孟子が商売の真似をするので、学校のそばへ引っ越した。
すると礼儀作法を真似るようになったので、そこに安住したという故事から。

【出典】
列女伝
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『も』


セカンドライフ

| ことわざ『も』 | COM(0) | TB(0) |
2011-02-25 (Fri)
目の上の瘤
(めのうえのこぶ)

【意味】
目障りなものや、邪魔になるもののたとえ。

【解説】
「目の上のたんこぶ」とも言う。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】
A thorn in one's flesh.


ことわざ『め』


四字熟語日記

| ことわざ『め』 | COM(0) | TB(1) |
2011-02-24 (Thu)
上知と下愚とは移らず
(じょうちよかぐとはうつらず)

【意味】
生まれながらの賢明さや愚かさは、境遇や環境によって左右されたり
変化したりするものではない。
生まれながらの賢人は常に賢く、生まれながらの愚人は常に愚かである。

【解説】

【出典】
論語-陽貨」
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『し』




| ことわざ『し』 | COM(0) | TB(0) |
2011-02-23 (Wed)
立つ鳥跡を濁さず
(たつとりあとをにごさず)

【意味】
立ち去る者は、自分が居た跡を見苦しくないように、
良く始末しなければならない。
また、退き際が潔(いさぎよ)く綺麗であること。

【解説】
「飛ぶ鳥跡を濁さず」とも言う。

【出典】
【類義語】
鷺は立てども後を濁さず / 飛ぶ鳥後を濁さず
【対義語】
旅の恥は掻き捨て / 後は野となれ山となれ / 旅の恥は弁慶状
【英訳】


ことわざ『た』


四字熟語・格言・ことわざブログ

| ことわざ『た』 | COM(1) | TB(0) |
2011-02-22 (Tue)
紺屋の白袴
(こうやのしろばかま)

【意味】
紺屋が、自分は染めていない白袴をはいていること。
他人のことで忙しく、自分のことには手が回らないことのたとえ。
また、いつでもできると思い、何もしないで終わることのたとえ。

【解説】
中国の戦国時代に諸国が盟約するとき、
盟主が牛の耳を割いて出した血を順にすすって
同盟を誓ったという故事から。
「牛耳る」とも言う。

【出典】
【類義語】
医者の不養生 / 大工の掘っ建て / 髪結の乱れ髪 / 儒者の不身持ち
/ 易者身の上知らず
【対義語】
【英訳】
The tailor's wife is worst clad.


ことわざ『こ』


麗しのApple
| ことわざ『こ』 | COM(0) | TB(0) |
2011-02-22 (Tue)
牛耳を執る
(ぎゅうじをとる)

【意味】
同盟の盟主となること。
また、転じて団体や党派などを左右する中心人物となること。
会合などの成り行きを支配すること。

【解説】
中国の戦国時代に諸国が盟約するとき、
盟主が牛の耳を割いて出した血を順にすすって
同盟を誓ったという故事から。
「牛耳る」とも言う。

【出典】
春秋左氏伝
【類義語】
牛耳る
【対義語】
【英訳】


ことわざ『き』


ことわざBLOG

| ことわざ『き』 | COM(0) | TB(0) |
2011-02-21 (Mon)
枡で量って箕でこぼす
(ますではかってみでこぼす)

【意味】
苦労してためたものを、あっという間に無駄に使ってしまうこと。

【解説】

【出典】
【類義語】
木っぱで集めて材木で流す / 爪で拾うて箕でこぼす
【対義語】
【英訳】


ことわざ『ま』


四字熟語・格言BLOG

| ことわざ『ま』 | COM(0) | TB(0) |
2011-02-20 (Sun)
善は急げ
(ぜんはいそげ)

【意味】
善いことをするのに躊躇するなということ。
善事は機会を逃がさずに、直ちに実行せよ。

【解説】

【出典】
【類義語】
善事は急ぐ / 思い立ったが吉日 / 旨い物は宵に食え
【対義語】
悪は延べよ / 急いてはことを仕損ずる
【英訳】


ことわざ『せ』


四字熟語日記

| ことわざ『せ』 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。