-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-28 (Tue)
襟を正す
(えりをただす)

【意味】
乱れた衣服を整え、姿勢を正しくすること。
また、気持ちを引き締めること。

【解説】

【出典】
蘇軾『前赤壁賦』
【類義語】
【対義語】
【英訳】

ことわざ『え』


四字熟語日記

スポンサーサイト
| ことわざ『え』 | COM(0) | TB(0) |
2010-09-27 (Mon)
燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや
(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)

【意味】
小人物には大人物の大きな志や考えがわからないというたとえ。

【解説】
中国の楚王の陳渉が若い頃農耕に雇われていた時、
雇い主に向かって「立身出世して富貴になっても、
互いに忘れないようにしよう」と言って嘲笑された。
陳渉は「ツバメやスズメのような小さな鳥には
オオトリやクグイのような大きな鳥の志すところは理解できない」
と言ったという故事による。

【出典】
史記
【類義語】
猫は虎の心を知らず / 燕雀いずくんぞ大鵬の志を知らんや / 鵠志
【対義語】
【英訳】

ことわざ『え』




| ことわざ『え』 | COM(0) | TB(0) |
2010-09-26 (Sun)
売り言葉に買い言葉
(うりことばにかいことば)

【意味】
相手の暴言を受けて、それに相当する言葉を返すこと。
悪口に悪口で言い返すこと。

【解説】
「けんかを売る」「けんかを買う」などの言い方に関連したことば。

【出典】
【類義語】
売る言葉に買う言葉
【対義語】
【英訳】
One ill word asks another.

ことわざ『う』


四字熟語・格言BLOG

| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(1) |
2010-09-25 (Sat)
兎の昼寝
(うさぎのひるね)

【意味】
油断して思わぬ失敗をすること。

【解説】
カメと競争をしたウサギが、カメを馬鹿にして途中で
昼寝をしてしまったために競争に負けてしまったというイソップの寓話より。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】

ことわざ『う』


ことわざBLOG

| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(0) |
2010-09-24 (Fri)
有卦に入る
(うけにいる)

【意味】
有卦の年回りに入る。
良いことが当分続きそうなこと。

【解説】
「有卦」は、陰陽道で、人の生まれ年を干支に割り当てて
定めた幸運の年回り。
陰陽道では、この年回りにあたると、七年吉事が続き、
無卦にはいると五年凶事が続くという。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】

ことわざ『う』


四字熟語・格言を覚えよう

| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(0) |
2010-09-23 (Thu)
独活の大木
(うどのたいぼく)

【意味】
図体ばかり大きいが、愚鈍で、ものの役に立たない者のこと。

【解説】
大きくなった独活は、食用にはならなくなり、
また茎は木のように長くなるが、
柔らかくて用材にもならないことから。

【出典】
【類義語】
大男総身に知恵が回りかね / 大きな大根辛くなし / 白豆腐の拍子木
/ 千人持ちの蒟蒻 / 長鞭馬腹に及ばず / 独活の大木蓮木刀
/ 独活の大木柱にならぬ / 大男の見かけ倒し / 臑脛の伸びた奴
【対義語】
山椒は小粒でぴりりと辛い
【英訳】

ことわざ『う』


四字熟語・格言を覚えよう

| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(0) |
2010-09-22 (Wed)
嘘も方便
(うそもほうべん)

【意味】
時と場合によっては、嘘も手段として必要である。

【解説】
「方便」は、仏が衆生を真実の教えに導くために用いるさまざまな方法。
転じて、ある目的を達するため便宜的に用いられる手段を意味する。

【出典】
【類義語】
嘘つき世渡り上手 / 嘘も重宝 / 嘘も追従も世渡り / 嘘も誠も話の手管
/ 嘘をつかねば仏になれぬ / 法螺も方便
【対義語】
嘘つきは泥棒の始まり / 嘘を言えば地獄へ行く / 嘘をつくと腹に竹が生える
/ 正直は一生の宝
【英訳】
The end justifies the means.

ことわざ『う』


ことわざBLOG

| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(1) |
2010-09-20 (Mon)
縁なき衆生は度し難し
(えんなきしゅじょうはどしがたし)

【意味】
慈悲深い仏でも仏縁のない人は救えない。
転じて、人の忠告を聞き入れない者は救いようがない。

【解説】
「縁」は、仏縁。
「衆生」は生命のあるものすべて、
特に人間をいう。
「度し難し」は救いがたい、の意。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】

ことわざ『え』


四字熟語日記

| ことわざ『え』 | COM(0) | TB(0) |
2010-09-19 (Sun)
嘘から出た実
(うそからでたまこと)

【意味】
初めは嘘のつもりであったことが、結果として本当になってしまうこと。
思いも寄らず良いことが実現したときなどに言う。

【解説】

【出典】
【類義語】
馬の耳に念仏 / 馬の耳おどけがほんになる / 虚は実を引く / 冗談から駒
/ 冗談からほんまが出る / 瓢箪から駒が出る
【対義語】
【英訳】
Many a true word is spoken in jest.

ことわざ『う』


セカンドライフ

| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(1) |
2010-09-18 (Sat)
牛に経文
(うしにきょうもん)

【意味】
どんなに説き聞かせても効き目のないことのたとえ。

【解説】

【出典】
【類義語】
馬の耳に念仏 / 犬に論語 / 兎に祭文 / 牛に対して琴を弾ず
/ 馬の耳に風 / 蛙の面に水 / 犬に念仏猫に経 / 馬耳東風
【対義語】
【英訳】

ことわざ『う』


ことわざBLOG

| ことわざ『う』 | COM(0) | TB(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。