FC2ブログ
2009-12-30 (Wed)
■提灯に釣り鐘
(ちょうちんにつりがね)

【意味】
提灯と釣鐘では、形は似ていても重さに格段の開きがある。
外見はどうあれ、中身が似ても似つかないものの喩え。
また、ものごとが釣り合わないことの喩え。
一方が重い、即ち「片重い」で、片思いの洒落としても使う。

【解説】
提灯と釣り鐘は形は似ているが、大きさや重さは比較にならないことから。
【出典】
【類義語】
駿河の富士と一里塚 / 月と鼈 / 瓢箪に釣り鐘 / 雪と墨
【対義語】
【英訳】


タレント名鑑BLOG
スポンサーサイト



| ことわざ『ち』 | COM(0) | TB(1) |