FC2ブログ
08≪ 2019/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-10-30 (Wed)
鬼の首を取ったよう
(おにのくびをとったよう)

【意味】
偉業を成し遂げたと言わんばかりに得意になること。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】

ことわざ『お』


ことわざ一覧「お」行


.
スポンサーサイト



| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
2012-12-03 (Mon)
屋上屋を架す
(おくじょうおくをかす)

【意味】
屋根の上にさらに屋根を架ける。
むだなことをするたとえ。

【解説】

【出典】
【類義語】
屋下に屋を架す
【対義語】
【英訳】


ことわざ『お』


ことわざ一覧「お」


四字熟語・格言を覚えよう

.
| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-27 (Mon)
お前百までわしゃ九十九まで
(おまえひゃくまでわしゃくじゅうくまで)

【意味】
夫婦が共に元気で長生きするように願うことば。

【解説】
「お前」は夫を、「わし」は妻をさす。
「共に白髪の生えるまで」と続く。

【出典】
【類義語】
偕老同穴
【対義語】
【英訳】


ことわざ『お』


ことわざBLOG

| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
2012-05-03 (Thu)
お里が知れる
(おさとがしれる)

【意味】
その人の言葉遣いや態度で、
生まれ育った環境がわかるということ。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】
he shepherd even when he becomes a gentleman smells of the lamb.


ことわざ『お』


四字熟語・格言BLOG

| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
2012-04-26 (Thu)
■■ 「お」 ことわざ一覧 ■■

老い木に花咲く
(おいきにはなさく)

老いたる馬は道を忘れず
(おいたるうまはみちをわすれず)

老いては子に従え
(おいてはこにしたがえ)

負うた子に教えられて浅瀬を渡る
(おうたこにおしえられてあさせをわたる)

大男総身に知恵が回りかね
(おおおとこそうみにちえがまわりかね)

狼に衣
(おおかみにころも)

大取りより小取り
(おおどりよりことり)

大船に乗る(おおぶねにのる)

陸に上がった河童
(おかにあがったかっぱ)

屋烏の愛
(おくうのあい)

奥歯に物がはさまる
(おくばにものがはさまる)

驕る物久しからず
(おごるものひさしからず)

教うるは学ぶの半ば
(おしうるはまなぶのなかば)

遅かりし由良之助
(おそかりしゆらのすけ)

小田原評定
(おだわらひょうじょう)

男心と秋の空
(おとこごころとあきのそら)

男は度胸女は愛嬌
(おとこはどきょうおんなはあいきょう)

男やもめに蛆がわき女やもめに花が咲く
(おとこやもめにうじがわきおんなやもめにはながさく)

同じ穴の狢
(おなじあなのむじな)

同じ釜の飯を食う
(おなじかまのめしをくう)

鬼が出るか蛇が出るか
(おにがでるかじゃがでるか)

鬼に金棒(おににかなぼう)

鬼の居ぬ間の洗濯
(おにのいぬまのせんたく)

鬼の首を取ったよう
(おにのくびをとったよう)

鬼の念仏
(おにのねんぶつ)

鬼の目にも涙
(おにのめにもなみだ)

鬼も十八 番茶も出花
(おにもじゅうはち ばんちゃもでばな)

帯に短し襷に長し
(おびにみじかしたすきにながし)

溺れる者は藁をも掴む
(おぼれるものはわらをもつかむ)

お前百までわしゃ九十九まで
(おまえひゃくまでわしゃくじゅうくまで)

親の心子知らず
(おやのこころこしらず)

親の光は七光
(おやのひかりはななひかり)

女心と秋の空
(おんなごころとあきのそら)

女賢しうして牛売り損なう
(おんなさかしうしてうしうりそこなう)






-
| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
2012-03-03 (Sat)
女賢しうして牛売り損なう
(おんなさかしうしてうしうりそこなう)

【意味】
女は、利口なようでも大局を見通す力に乏しく、
目先の欲にばかり囚われて、却って事を仕損じるものだ。

【解説】

【出典】
【類義語】
女が口を叩けば牛の値が下がる / 女の賢いのと東の空明かりとは当てにならぬ
/ 女の知恵は鼻の先
【対義語】
【英訳】


ことわざ『お』


ことわざBLOG
| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-17 (Mon)
男心と秋の空
(おとこごころとあきのそら)

【意味】
男の女に対する愛情が、飽きやすく変わりやすいことのたとえ。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『お』


ことわざBLOG

| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
2011-09-08 (Thu)
鬼も十八 番茶も出花
(おにもじゅうはち ばんちゃもでばな)

【意味】
醜いとされる鬼でも年頃になれば美しく見え、
番茶でもいれたばかりはよい香りがする。
器量が悪くても年頃になれば、
女らしい魅力が出てくるということのたとえ。

【解説】
「番茶」は、番茶・煎茶に湯を注いだばかりの香味のよいもの。

【出典】
【類義語】
薊の花も一盛り / 鬼も十七茨も花 / 鬼も十七番茶も煮ばな
/ 鬼も十八柴茶も出花
【対義語】
【英訳】
Everything has its time.


ことわざ『お』


麗しのApple

| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
2011-07-29 (Fri)
老い木に花咲く
(おいきにはなさく)

【意味】
一度衰えたものが再び勢いを盛り返すことのたとえ。 

【解説】

【出典】
【類義語】
埋れ木に花 / 枯れ木に花
【対義語】
老い木の桜木
【英訳】


ことわざ『お』


セカンドライフ

| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(0) |
2011-06-22 (Wed)
屋烏の愛
(おくうのあい)

【意味】
人を深く愛すると、その家の屋根にとまった烏さえ好きになるということ。
愛情の深いことのたとえ。

【解説】

【出典】
【類義語】
愛屋烏に及ぶ
【対義語】
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
【英訳】


ことわざ『お』


ことわざBLOG

| ことわざ『お』 | COM(0) | TB(49) |