FC2ブログ
08≪ 2019/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-09-08 (Sat)
二の足を踏む
(にのあしをふむ)

【意味】
決断がつかず、ためらう。尻込みする。

【解説】
一歩目は進むが、二歩目はためらって
足踏みするということから転じたことわざ。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『に』


ことわざBLOG

スポンサーサイト



| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |
2012-07-19 (Thu)
煮ても焼いても食えぬ
(にてもやいてもくえぬ)

【意味】
どんな策を講じようと手に負えない。
扱いようがないこと。

【解説】

【出典】
【類義語】
酢でも蒟蒻でも食えぬ / 煮ても焼いても噛まれぬ
/ 四も五も食わぬ / 一筋縄で行かぬ
【対義語】
【英訳】


ことわざ『に』


電脳ダイアリー

| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |
2012-07-02 (Mon)
■■ 「に」 ことわざ一覧 ■■

煮え湯を飲まされる
(にえゆをのまされる)

二階から目薬
(にかいからめぐすり)

逃がした魚は大きい
(にがしたさかなはおおきい)

苦虫を噛み潰す
(にがむしをかみつぶす)

憎い憎いは可愛いの裏
(にくいにくいはかわいいのうら)

憎まれっ子世に憚る
(にくまれっこ よにはばかる)

肉を斬らせて骨を斬る
(にくをきらせてほねをきる)

濁りに染まぬ蓮
(にごりにそまぬはちす)

錦を衣て夜行くが如し
(にしきをきてよるゆくがごとし)

西も東もわからぬ
(にしもひがしもわからぬ)

二足の草鞋を履く
(にそくのわらじをはく)

似た者夫婦
(にたものふうふ)

煮ても焼いても食えぬ
(にてもやいてもくえぬ)

二度ある事は三度ある
(にどあることはさんどある)

二兎を追う者は一兎をも得ず
(にとをおうものはいっとをもえず)

二の足を踏む
(にのあしをふむ)

二の句が継げぬ
(にのくがつげぬ)

二枚舌を使う
(にまいじたをつかう)

女房と畳は新しいほうがよい
(にょうぼうとたたみはあたらしいほうがよい)

人間僅か五十年
(にんげんわずかごじゅうねん)


_
| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |
2012-01-30 (Mon)
人間僅か五十年
(にんげんわずかごじゅうねん)

【意味】
人間が生きたとしても、その長さはわずか五十年である。
人生の短いことのたとえ。

【解説】
織田信長が好んだ言葉として知られる。
舞の本『敦盛』の「人間五十年下天の内を比ぶれば、
夢まぼろしの如くなり。
一度生を受け、滅せぬ者のあるべきか」より。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『に』




| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |
2011-11-27 (Sun)
煮え湯を飲まされる
(にえゆをのまされる)

【意味】
信用して気を許していた者に裏切られて、酷い目に遭う。

【解説】

【出典】
【類義語】
飼い犬に手を噛まれる
【対義語】
【英訳】


ことわざ『に』


四字熟語・格言BLOG

| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |
2011-11-07 (Mon)
錦を衣て夜行くが如し
(にしきをきてよるゆくがごとし)

【意味】
立身しても故郷に帰らないということは、
錦を着たのに誰にも見られないのと同じで、
甲斐がないことである。

【解説】

【出典】
漢書
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『に』


セカンドライフ

| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-13 (Thu)
二の句が継げぬ
(にのくがつげぬ)

【意味】
相手の言葉にあきれたり驚いたりして、
次に言う言葉が出てこない。

【解説】
雅楽の朗詠で第一句末から二の句に移るとき、
急に高音に変わるため声がうまく出ないことから出たことば。

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『に』


ことわざBLOG

| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |
2011-07-01 (Fri)
女房と畳は新しいほうがよい
(にょうぼうとたたみはあたらしいほうがよい)

【意味】
妻と畳は新しい方がすがすがしくて気持ちが良いということ。

【解説】

【出典】

【類義語】
女房と菅笠は新しいほうがよい
【対義語】
女房と鍋釜は古いほどよい
【英訳】
Everything new is fine.


ことわざ『に』


四字熟語・格言BLOG

| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |
2011-06-07 (Tue)
苦虫を噛み潰す
(にがむしをかみつぶす)

【意味】
不愉快な表情の喩え。苦々しい気持ちである様子。
また、いつも苦々しいげな顔付きをしていることや、そういう人の形容。

【解説】

【出典】
【類義語】
【対義語】
【英訳】


ことわざ『に』


四字熟語・格言を覚えよう

| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |
2011-03-31 (Thu)
二枚舌を使う
(にまいじたをつかう)

【意味】
矛盾したことをいうこと。嘘をつくこと。

【解説】

【出典】
【類義語】
一口両舌 / 両舌
【対義語】
【英訳】


ことわざ『に』


電脳ダイアリ

| ことわざ『に』 | COM(0) | TB(0) |